イリア:当エステートのオリーブの木のふるさと

[…]私が求め続けてきたもの、それは、山の裾野に広がるオリーブ畑に立ち込める朝霧の味わいでした。その朝霧は、オリーブの実をフルーツのような味わいでいっぱいにしてくれる、有益な特性だけを後に残して、風と朝いちばんの光と共に消え去ってしまいます。かつてはみんな土の上をはだしで駆け回ったものですが[…]

続きを読む…