Our story

私ヨルゴス・グーティスの生まれたギリシャでは、樹齢数千年のプラトンの聖なるオリーブの木を、今も目にすることができます。その木は今や、博物館の展示品になってしまったとしても。

私の生まれたギリシャのノーベル賞詩人オディッセアス・エリティスは、このような詩句を残しています。「もしギリシャを解体したら、最後に残るのはオリーブの木とぶどう畑と船だ。つまり、その3つがあればギリシャは作り直せる。」

私の生まれたギリシャでは、オリンピック競技会の勝者たちは、勝者の証として、金ではなく、一枝のオリーブを頭にかけられていました。

私がこうしたギリシャの歴史と神話に影響を受けてきたのも、当然のことです。毎年秋に、わが祖国のオリーブ畑では、収穫に携わる者たちは、神の恵みを受けたオリーブの実を摘む際に楽しげな声を発していたものですが、そうした光景は私の心から消えることはありませんでした。

私は長年、祖国から遠く離れて、世界中を旅してきました。オリーブオイルがどういうものかすら知られていない国でも働いてきました。その学ぶところの多い旅から帰ることになり、私は、協力してくれる仲間たちと共に、皆で母国のために働く決心をしました。質の高い商品だけをお求めのオリーブオイル愛好家の皆さまをもとりこにし、時代の移り変わりにも負けぬ、最高品質の商品を世に送り出すために。

私は、幼い頃の思い出を頼りに、我が家に昔からあるきちんと維持されたオリーブ畑を歩き回りました。もう何世代も前にさかのぼる、この伝統を私の手で途絶えさせてはならない、という気持ちになりました。私が欲しかったのは「経験」ではありませんでした。そうした経験は、かつての旅でもう充分手にしていました。私が求めてきたのは、海のそばで匂いたつオリーブの香りでした。その実の中に夕暮れ時の海の香りをたたえた、オリーブの実の香りでした。このようなオリーブから、他の地では決して見つけることのできないオリーブオイルがもたらされてきたのです。

私が求め続けてきたもの、それは、山の裾野に広がるオリーブ畑に立ち込める朝霧の味わいでした。その朝霧は、オリーブの実をフルーツのような味わいでいっぱいにしてくれる、有益な特性だけを後に残して、風と朝いちばんの光と共に消え去ってしまいます。かつてはみんな土の上をはだしで駆け回ったものですが、そうした日々を懐かしく思い出していたのです。幼い頃はみんなでその土に水をかけて粘土にして、子供時代の最初の作品、土器のオイル入れを作っていたものです。そして、その土はまさに、何世紀もの歳月をかけて、ただ一種類の地中海火山性土壌がもたらす微量元素と、さまざまな特性がふんだんに詰め込まれてきた土です。私が懐かしく思い出していたのは、村で最も貧しい家々にオリーブランプのほのかな明かりで照らされる夜、そして何より、実の圧搾作業をするオリーブ小屋でした。時の流れに磨かれた伝統的な石臼を使用することで、オリーブオイルが他とは比べようのない品質を獲得しました。そして小屋の片隅では、いつもパンを焼くための石窯に火が入れられていました。そこで、皆で焼き立てのパンに、絞り取ったばかりのオリーブオイルとオレガノをたっぷりとかけ、子供時代の味覚を存分に満たしたものです。ミシュランの5つ星でもこの味の評価とするのに十分ではありませんでした。

太陽と土と涼風を求め続けて実を結んだ、愛すべきオリーブの実の魅力は、とても人間の言葉では言い表せません。私たちの農場では、伝統的な手法に全面的に敬意を払いつつ、これを最新の技術革新と組み合わせてオリーブの樹木から果実を採集しています。品質検査も、農学研究に十分裏打ちされた条件で、すべて手作業で進めています。

これらすべての結果として、特に酸度が低く、フェノール類であるオレオカンタールやオレアセインを多く含有することを特徴とする、オリーブオイルエキスが得られます。このエキスに含まれる成分はいずれも、体内の組織を活性化し、深刻な疾患から体内組織を守ることが、関連の分析を経て科学的に証明されています。

水をたたえる水路に囲まれて生い茂ったオリーブ林の中を歩きながら、上のようなことを考えて、もう何年にもなります。何物にも代えがたい私の仲間である、グリゴリス、マノス、ディミトリス、アンゲリキ、フリストス、マノリス、ソフィアも、このわくわくするような実り多い事業に参加してくれました。

皆で山の高台に上ってオリンピアを遠くから眺めました。そこは、オリンピックの勝者たちが何千年も前に、月桂冠、つまりただのオリーブで作った王冠のために競技を戦った場所でもあります。

私の村は「カリセア」という名です。その名の由来はまさに、「カリセア」、つまりこの素晴らしい眺めにあります。そして、はるか以前の祖先から受け継がれたオリーブの樹々は、今も変わらず、この祝福された土地のエキスをもたらし続けています。

このエキス、成果こそ、私と仲間たちが、皆さまにお届けしようとするものです。専門研究を重ねた研究者や、作業者たちの協力もいただきました。極めて優れた特性を有する、稀少な農産物のエキスを皆さまのもとにお届けするために、皆でギリシャの片隅にあるこの土地特有の条件を分析し、情熱と科学的知見の全てを注ぎこみました。

ヨルゴス・グーティス 2017年1月